過払い金請求を考えている人におすすめの情報

過払い金請求を考えている人におすすめの情報

説明

借金を返済中の人

基本的に借金を返済中の場合、過払い金が発生しているのか分からないことが多いでしょう。福岡では、返済中の人が過払い金の相談をすることも多いのです。まずは、取引期間を確認してみましょう。7年以上借金を返済している人の場合は、過払い金が発生している可能性があります。また、年に18パーセントを越える利率がある場合も、相談してみる価値があるでしょう。ただ、取引履歴を確認したりする必要があるので、自分で判断するのは危険です。司法書士や弁護士に判断してもらうようにしましょう。

借金を完済している人

一般的に年に18パーセント以上の利率で借金を返済していた人の場合は、過払い金が発生していると言われています。借金を完済している人の場合は、すぐに利率を確認してみると良いでしょう。法定利率を超えている場合は、払いすぎた借金が戻ってくることが多いのです。完済している人なら、借金の取引期間はあまり参考になりません。例えば、取引期間が短くても過払い金の請求が可能な場合もあるのです。また、借入金額によって、返ってくるお金の金額も変わってくるでしょう。

過払い金の疑問解消

弁護士によって変わるの?

一般的に弁護士はランク付けがされていると言われています。その為、ランクの低い弁護士の場合、過払い金の請求や交渉が難しくなる場合もあるでしょう。基本的に債務整理分野に精通している弁護士であれば、きちんと交渉することができるはずです。過払い金の請求を考えているのであれば、債務整理の実績を確認してから弁護士を選ぶようにすると確実でしょう。

変換までの期間は?

過払い金が変換されるまでの期間は、弁護士に依頼してから3ヶ月から6ヶ月くらいだと言われています。また、貸金業者によって期間は変わってくるでしょう。過払い金請求には、取引履歴を開示して貰う必要があるからです。取引履歴の開示に時間がかかれば、それだけ過払い金が変換される期間は伸びてしまうでしょう。訴訟に移行すると、1年程の期間を要する場合もあります。

請求は消費者金融だけ?

法的金利を超えている場合に発生するのが、過払い金です。15パーセントから20パーセントを越える利率で返済を続けている場合は、消費者金融ではなくても過払い金が発生することがあるのです。一般的にクレジットカードのキャッシングで過払い金が発生することが多いと言われています。法的金利を超えている可能性があれば、弁護士に相談してみると良いでしょう。

知識を身に付ける

ある程度の知識を身に付けていないと、スムーズに相談することができないでしょう。まずは、どのような状況で過払い金が発生するのかを知っておく必要があるのです。きちんと学んでおけば、しっかりと過払い金を請求できるようになるでしょう。

広告募集中